弁護士と司法書士の違いは?|個人再生の無料相談|レアール法律事務所

マイホームを守る
トップページ弁護士紹介・事務所案内お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー
個人再生の無料相談
個人再生|レアール法律事務所|弁護士と司法書士の違いは?

弁護士と司法書士の違いは?

代理権の範囲

インターネットで「個人再生」や「自己破産」といったワードを検索すると、弁護士だけでなく司法書士の広告やホームページがたくさん表示されると思います。
また、そこから司法書士のホームページへ移動して閲覧しても、その内容と弁護士のホームページに記載されている内容に違いがない、もしくは違いがわかりにくいといったケースが多々あります。
しかし、実際には弁護士と司法書士には大きな違いがあるのです。
ご存知のとおり、弁護士には最高裁判所や家庭裁判所など全ての裁判所で代理権が認められていますので、貴方の代理人となって個人再生や自己破産の申立を行います。
ところが、実は司法書士には貴方を代理する権利が法律上認められていません。
ご存知無い方にはかなり衝撃的かと思いますが、これは紛れもない事実です。
確かに、司法書士の中には代理権を有している者(認定司法書士)もいますが、それはあくまで「簡易裁判所限定」の代理権であって、地方裁判所で取り扱われる「個人再生」や「自己破産」においては、司法書士は貴方の代理人となる資格がないのです。
もちろん、代理権がなくても有償で依頼を受けたわけですから、司法書士も申立書の作成や可能な範囲のサポートは当然行うでしょうが、裁判所での取り扱われ方は、残念ながら貴方ひとりで行う「本人申立」と大差ないのです。

すべてを任せるなら弁護士!

弁護士は、国内最難関といわれる司法試験に合格し、同期の裁判官や検事と共に司法研修を受けた法律のエキスパートです。
常に最先端の法律知識や情報に触れることができる環境に身を置いており、個人再生というひとつの手続きをとっても、様々な状況に的確に対処できる豊富な経験とノウハウを兼ね備えています。
このため、受任時には想定できなかったような状況に遭遇しても、完全な代理権を持つ弁護士であれば、単なるアドバイスにとどまらず、代理人として直接の対応も可能です。
これに対し、司法書士は、所定の研修などを受けた認定司法書士に限り簡易裁判所での代理権が認められていますが、あくまで主要な業務は「登記や供託手続き」の代理業務や、裁判所・検察庁・法務局に対する「書類の作成業務」です(司法書士法第3条、第29条)。
つまり、不動産の登記など対法務局の業務に関してはエキスパートと言えますが、対裁判所の業務に関しては弁護士に及ばないと言えます。
このため、個人再生に限らず、司法書士で対処不可能な事態に陥った場合には、代理権の範囲の関係上、弁護士と同程度のサポートを望むことはできず、再度他の弁護士に依頼しないといけないというケースが出てくるかもしれません(実際、当事務所にも同様な相談があります)。
もし「すべてをお任せしたい」というのであれば、弁護士以外に選択はありません。

……「個人再生のメリット・デメリット」

3200人以上の解決実績

Copyright © / レアール法律事務所 All rights reserved.