借金が通常で80%も免除されるって本当?|個人再生の無料相談|レアール法律事務所

マイホームを守る
トップページ弁護士紹介・事務所案内お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー
個人再生の無料相談
個人再生|レアール法律事務所|借金が通常で80%も免除されるって本当?

借金が通常で80%も免除されるって本当?

本当に最大で80%も免除されるの?

本当です。厳密にいえば、個人再生における免除率は最大90%です。
ですが、この90%という数字は住宅ローンを除いた借金総額が3000万円を超える場合の免除率であって、現実的な数値とは言えません。
個人再生では、住宅ローンを除いた借金総額に応じて最大免除率(最低弁済額)が定められており、この額が1500万円までは最大で80%が免除され、1500万円を超えると次第に最大免除率が増える仕組みになっています。
「最大で90%が免除される!」と書けば聞こえはいいでしょうが、誤解を招く恐れもあるので「最大80%免除」「借金が5分の1になる」という表現に留めています。

借金総額 最低弁済額
100万円未満 借金総額 そのまま
100万円以上500万円以下 100万円
500万円超1,500万円以下 借金総額の5分の1
1,500万円超3,000万円以下 300万円
3,000万円超5,000万円未満 借金総額の10分の1

免除率の決定ルールについて

このように免除率の上限は借金の総額で決まりますが、実際には全員が最大の免除率となるとは限りません。
まず、最低ラインが決められており、住宅ローンを除いた借金の総額が100万円未満の場合は全額、100万円以上の場合でも最低100万円は返済しなければなりません。
つまり、住宅ローンを除いた借金総額が100万円以下の人は全く減らない計算になります。
また、最低弁済額は所有する全財産の換価額(これを「清算価値」といいます)以上でなければならないというルールがあるので、小規模個人再生における最低弁済額は①100万円、②借金総額(住宅ローンを除く)の5分の1、③清算価値、のいずれか高い金額となります。
なお、給与所得者等再生を選択した場合は、上記に「可処分所得要件」が加わり、最低弁済額は①100万円、②借金総額(住宅ローンを除く)の5分の1、③清算価値、④可処分所得(収入-最低生活費)の2年分、のいずれか高い金額となります。



……「個人再生の手続きの流れ」

3200人以上の解決実績

Copyright © / レアール法律事務所 All rights reserved.