• レアールの強み
  • 司法書士と弁護士の違い
  • 弁護士紹介
  • アクセス
  • 相談の流れ
櫻田弁護士の紹介画像
櫻田弁護士のご紹介

心配無用!レアールの債務整理はココが違う!レアールが選ばれる理由!

誠心誠意かつ親身な対応をお約束します!

Q借金のことで相談したら、怒られたり非難されたりしませんか?
櫻田弁護士との面談A借金でお悩みの方の心は不安なもの。当事務所では、弁護士・事務員とも、お客様の目線に立って、誠心誠意かつ親身な対応をさせていただきます。怒ったり非難したりすることはありません。気構えせずに何でもお気軽にご相談ください。

返済額をズバリ診断!弁護士費用の分割払いも可能!

Qいくら返済すれば解決できるの?弁護士費用はいくらかかるの?
弁護士費用の分割払いAご依頼を受ける前に、債務整理(任意整理・個人再生)に必要な返済額を計算して、月々いくら返済すれば問題解決が可能か診断します。また、弁護士費用も事前に明示して、分割払いも可能ですので、ご安心ください。

あなた専任の女性スタッフがサポートします!

Q依頼をしても、弁護士さんて忙しくて、なかなか話せないのでは?
専任の女性スタッフAご依頼をいただいた後、専任の女性スタッフが、あなたのコンシェルジュとして、最後までサポートします。弁護士と専任の女性スタッフがタッグを組んであなたのサポートをしますので、気になることは、何でも、いつでもお気軽にご相談ください。

相談無料!メールなら24時間対応!休日や夜間の面談も可能!

Q相談は無料なの?仕事で忙しくてなかなか相談する時間が取れないのですが?
債務整理相談無料!24時間対応A個人の方からの相談は無料です。電話受付は平日夜6時30分までですが、メールなら24時間お問い合わせが可能です(当日、遅くとも翌営業日にご返答します)。また、休日や夜間の面談にも対応できますので、お気軽にご相談ください。

秋葉原の法律事務所です!全国対応可能です!

Q地方に住んでいますが、依頼はできますか?
秋葉原にある法律事務所 債務整理A当事務所は秋葉原にあり、都内はもちろん、神奈川、埼玉、千葉、茨城など首都圏近郊からの交通アクセスはとても便利です。また、全国どこからでもご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

豊富な実績と経験があります!

Q事務所の実績を教えてください?
アディーレの豊富な実績と経験A豊富な実績と経験に基づき、解決の結果についてご満足をいただいております。また、膨大な債権者データの蓄積もあります。

債務整理の3つの方法!弁護士があなたに最適な解決方法を提案します!
過払い金があれば、その回収もします!

任意整理

法定利率に基づく引き直し計算を行い、債権者と直接交渉・和解して、借金を減額します!

任意整理は、裁判所を通さずに、弁護士が直接債権者と交渉をし、①法定利率に基づく引き直し計算を行い、借金の残額自体を適法金額まで減額させ(適法だった場合には減りません)、②毎月の返済額をあなたが無理なく返済できる金額まで減らした内容での和解締結を目指すものです。

また、既に、「過払い金」が発生しているケースもあり、このような場合には、弁護士がこの過払い金の回収まで行いますので、結果として、あなたの債務総額が大幅に減額となるケースもあります。このように、弁護士に依頼することで、債権者と法に合致した和解契約を結ぶことができますので、とても安心です。

任意整理についての詳細はこちらへ

個人再生

住宅を手放さずに、借金を大幅に減額します!

個人再生は、支払不能に陥るおそれがある場合に、裁判所に申し立て、必要な生活費を確保しながら、債権者に一定の返済を一定期間行ない、その余に残る債務を免除してもらうという法的な債務整理方法です。自己破産と異なり、浪費やギャンブルを原因とした借金にも適用され、さらに、マイホームを手放さずに借金整理ができるというメリットがあります。

ただ、一方で、継続的な支払いを履行できることが必須条件となっているほか、負債総額の制限等があります。

個人再生についての詳細はこちらへ

自己破産

法律の定める手続により、財産を清算し、借金の免責を受け、再スタートを図ります!

自己破産は、借金の支払いが不能な場合、裁判所に申し立て、家や車など、あなた名義の価値のある財産をすべて清算した上で、経済的に再出発できるよう、借金を免除してもらう(免責)ものです。

破産にはマイナスイメージがあるかもしれませんが、心機一転で人生の再スタートを図りたいという方にとっては、最適な債務整理方法といえます

自己破産についての詳細はこちらへ

過払い金

払い過ぎた利息を取り戻しましょう!

過払い金とは、貸金業者からお金を借りたときに利息制限法の上限利率を超えた利息の返済を約定し、その約定に従って長期間返済を継続した場合に、実際に返済した金額を借り入れた元本と利息制限法に定められた利息の返済として計算すると、ある時点で元本がすべて完済となるにもかかわらず、その後も約定に従って返済を行ったことにより生じる貸金業者に対して、返還を求めることができる金銭のことをいいます。

簡単にいうと、本来支払う必要がないにもかかわらず、貸金業者に支払い過ぎたお金のことで、これは、貸金業者に返してくれと請求することができるのです。

過払い金についての詳細はこちらへ

弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士の本質的な違い

司法書士による過払い金返還請求や債務整理の広告を目にする方も多いかと思います。こうした広告からすると、弁護士と司法書士の業務には違いがないのではないかと思われることもあるでしょう。

しかし、実際には、弁護士と司法書士は、資格の内容や業務の範囲が異なり、結果として、提供できるサービスに大きな違いが出てくるのです。

弁護士の業務内容

弁護士は、司法試験に合格し、司法研修所を卒業し、弁護士会に登録した者です。裁判官・検察官と併せて、法曹(法律を扱う専門職としてその実務に携わる者)と呼ばれます。このように、弁護士は、法曹として、専門的な知識と技術が資格・研修制度によって裏付けられています。また、弁護士が所属する弁護士会には、高度の自治(独立性)が確保され、他の権力から干渉を受けずに活動をすることができます。

したがって、弁護士は、様々なトラブルや事件について、法的なアドバイスをしたり、また、代理人として相手方と交渉し、裁判所に出廷したりするなど、制限なく、すべての法律業務を取り扱うことができるのです。

司法書士の業務内容

司法書士は、司法書士試験に合格し、司法書士会に登録した者で、本来的には、登記・供託業務を専門とします。ただし、一定の研修・考査を受けると、認定司法書士として、140万円以下の事案について、交渉・和解・訴訟代理ができるようになりました。

しかし、認定司法書士でなければ、140万円以下の事案についても、交渉・和解・訴訟代理ができませんし、そもそも、司法書士では、140万円超の事案は対応できません。これは、弁護士のような十分な知識と技術を裏付ける資格・研修制度が存在せず、また、司法書士会が法務省の監督下にあることに由来します。

任意整理・過払い金返還請求を弁護士に依頼するメリット

  1. 金額に制限なく交渉や訴訟を代理することができます!

    借金又は過払い金の総額が140万円を超える場合、司法書士には、交渉や訴訟を代理する権限はありません。弁護士であれば、金額に制限なく、交渉や訴訟を代理することができ、最後までサポートをすることができます。
  2. 早期に納得できる金額の過払い金を回収できます!

    過払い金が140万円を超える場合には地方裁判所へ訴訟を提起することになりますが、司法書士は地方裁判所で代理人になることができません。また、過払い金の計算方法などの争点について貸金業者側と主張が対立することがあり、争い方次第では返還額に違いが生じますが、法律問題の専門家である弁護士であれば、適切に対応できます。さらに、法的対応に慣れた弁護士であれば、貸金業者も早期に和解に応じることが多く、早期の解決も期待できます。
  3. 任意整理から自己破産や個人再生に方針変更する場合も安心です!

    任意整理で依頼した後、収入が減少するなどの事情により、任意整理では借金問題を解決できないケースがあります。こうした場合、自己破産や個人再生に方針変更をすることが考えられますが、弁護士であれば、こうした不測の事態にも、最終的な問題解決までサポートすることができます。

自己破産・個人再生を弁護士に依頼するメリット

  1. 申立てから裁判所とのやり取りまですべてのサポートができます!

    自己破産や個人再生は地方裁判所に申立てをする必要があるため、そもそも、司法書士には代理権がなく、書面の作成のみを行い、裁判所への申立てやその後の裁判所との複雑なやり取りは自身で行わなければなりません。この点、弁護士であれば、書類作成はもちろん、申立てから手続終了まで、すべて代理人としてサポートをすることができます。

  2. 早期の手続終了が期待できます。

    司法書士では、申立後のやり取りは自身で行わなければならず、結果として、手続完了まで長期間かかる場合が多くなります。これに対し、弁護士なら、代理人として迅速かつ適切な対応をすることができ、早期に手続を終了することが期待できます。

  3. 自己破産(管財事件)の申立てにかかる費用(予納金)も安く済みます!

    東京地方裁判所で自己破産(管財事件)をする場合、司法書士に依頼して自身で申立てをすると、裁判所へ支払うべき予納金は50万円以上になります。これに対し、弁護士に依頼すれば、少額管財手続で予納金は20万円で済みます。

弁護士に債務整理の依頼をすると・・・

債権者からの請求や取立がストップ!つらい督促から解放される!

弁護士に依頼した場合、債権者が、直接、あなたに対して直接請求や取立を行うことはなくなります。業者からの度重なる督促から解放され、精神的に楽になります。

債権者に対する返済もストップ!家計の立て直しができる!

弁護士に依頼したときから、債権者に対して返済をする必要はありません。
任意整理であれば和解後、個人再生であれば認可確定後から、減額後の債務を分割で返済していけばOKです。

弁護士費用の分割払いをするだけ!仕事や家事に集中できる!

弁護士費用は分割払い可能です。だから、弁護士に依頼した後は、弁護士費用を分割払いするだけ(任意整理であれば、返済額の積立てもあります)。債権者とのやり取りはすべて弁護士が行います。仕事や家事などに集中することができます。

レアールの代表弁護士櫻田真也ってどんな人?櫻田弁護士の人物像!

櫻田弁護士の写真01

経済学部出身元公務員?弁護士一筋ではない経歴!

千葉県の田舎で生まれ育つ。実家は農家。野球好きの少年時代。

長嶋茂雄さんの母校・千葉県立佐倉高校を卒業後、東京大学経済学部へ進学。

大学卒業後、結婚、千葉県庁に入庁。

千葉県庁在職中、独学で法律を勉強する。2年間の休暇を取り、北海道大学法科大学院へ進学。

大学院卒業後、千葉県庁に復職。在職中に司法試験に合格。

合格後、千葉県庁を退庁し、弁護士登録。

当事務所の前身である弁護士法人レアール法律事務所での勤務を経て、当事務所を開設。

豊富な社会人経験金融・交渉業務を華麗にこなす!

千葉県庁在職中、まず、農林水産部で農林制度金融業務や農業共済組合の監査を担当。金融制度の企画・運営をするほか、個別案件の審査・処理にも携わる。県土整備部への異動後は、道路・河川業務を担当。道路法や河川法に基づく申請の審査・承認のほか、現場管理にも尽力する。こうした社会人経験の中で、いわゆる「おカネ」の問題を熟知し、折衝・交渉力を身に付ける。


櫻田弁護士の写真02

すべては依頼者のために!誠実な弁護士!

弁護士になったのは、より直接的に人の役に立ちたいから。

だから、弁護士としての行動理念は、ただ依頼者のためにという一点のみ。自分の信条や意見を押し付けることはしない。依頼者の意向を汲んで、依頼者と共にできることはすべてする。

また、弁護士もサービス業の一つと心得る。偉ぶったり、上から偉そうにモノを言うことはしない。いつでも誠実な対応をする。

気さくで温厚何でも気軽に話せる柔軟な思考で解決!

性格は、気さくで温厚。気軽に、何でも聞ける、話せる。

何事も、その人の話をよく聞かなければ、状況を把握することはできず、問題は解決しない。

だから、まず、話をよく聞き、それから、解決方法を検討・提案する。自分で決めつけた方法を押し付けることはない。柔軟な思考でより良い解決へと導く。


櫻田弁護士の写真03

趣味は、料理食べ歩き旅行

食べることが大好き。店を探して、食べに行くことが大きな楽しみ。

休日は、自分でも料理をする。困難な案件も華麗に調理(!?)する。

まとまった休みが取れたときは、旅行へ。

心身をリフレッシュし、心機一転仕事に臨む。

レアールなら安心!私が櫻田弁護士をおススメします!

ご利用者様の声

O・N 様 男性 70代 自己破産手続

御事務所の弁護士及び事務員さんの依頼人の心境や不安を的確にとらえる対応や、親身になって問題の解決に誠心誠意取り組む姿勢に感銘を覚えました。

勇気をもって相談し依頼した結果、皆様方の大変なご努力により、短期間ですべての問題を的確に処理し解決に導いていただきましたことを心より感謝いたします。

御事務所の益々のご繁栄をご祈念申し上げます。

Y・S 様 女性 30代 任意整理手続

思い悩んでお伺いして半年、ご配慮いただきながら手続をしていただき、新たな気持ちで生活していく一歩をしっかりと踏み出せました。ありがとうございました。

所属弁護士の紹介

弁護士 髙橋 弘

【経歴】 中央大学法学部 卒業
法政大学法科大学院 卒業
弁護士登録
【所属】 東京弁護士会
日本交通法学会

問題や悩みを抱えられているご依頼者様に安心感を与えられるように、ご依頼者様の目線に立ち、分かりやすく丁寧な説明を心がけていきたいと思います。

アクセス

事務所名 レアール法律事務所

  • 所在地 〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸85戝津ビル4階
  • TEL 03-5829-8900(代表)/ 0120-900-122(相談フリーダイヤル)
  • FAX 03-5825-2602
  • JR山手線・総武線「秋葉原」駅(昭和通り口)徒歩6分
  • 東京メトロ 日比谷線「秋葉原」駅(4番出口)徒歩5分
  • つくばエクスプレス「秋葉原」駅 徒歩6分
  • 都営新宿線「岩本町」駅(A4出口)徒歩5分

相談の流れ

些細なことでも構いません。相談は無料です。お気軽にご相談ください。

  1. 電話メールでお問い合わせ

    電話かメールでの
    お問い合わせ無料

  2. 弁護士との面談日時のご予約

    弁護士との面談日時の
    ご予約無料

  3. 弁護士による面談

    弁護士による面談
    無料

  4. 契約

    ご契約

  5. 取立・返済ストップ

    取立・返済ストップ
    債務整理手続開始

  • レアール法律事務所の入り口
  • 櫻田弁護士との面談風景
  • レアール法律事務所の応接室

営業日カレンダー

2018年1月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 営業時間 9:30~18:30
  • が定休日です。
  • ※土日祝日でも
    の日は営業します!

2018年2月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 18
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2月23日(金)の営業は15時までとなります

お知らせ

2016/04/07
レアールブログ内で最新解決事例の掲載をはじめました。
2015/11/09
債務整理の新サイトをアップしました。
レアール法律事務所のブログ