離婚方法の種類/審判離婚|レアール法律事務所

事務所紹介お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー
離婚110番|レアール法律事務所離婚方法の種類/審判離婚

離婚方法の種類  審判離婚

審判離婚の説明と流れ

審判離婚

調停離婚が不成立になった場合でも、家庭裁判所が「調停にかわる審判」を行う場合があります。離婚の条件についておおむね合意できるが一部に不一致がある場合に審判されることがあります。しかし、審判に不服があるような場合などは告知を受けた日から2週間以内に当事者が異議を申し立てることができることになっており、異議の申し立てがあると(異議に理由はいりません)審判の効力はなくなり 離婚裁判を提訴しなければならないので、審判離婚の数は多くありません。

審判離婚の流れ図

離婚に関してわからないことはお気軽にご相談を!


Copyright © /レアール法律事務所 All rights reserved.