離婚とシングルマザー |レアール法律事務所

事務所紹介お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー
離婚110番|レアール法律事務所離婚とシングルマザー

離婚とシングルマザー

離婚後の生活を考える離婚コラム

離婚に早く決着をつけたいばかりに、話し合いに納得のいかないまま離婚をしている方が多いようです。離婚は長引けば長引くほど、もやもやと煮え切らない思いや怒りなど、感情的になり精神的苦痛を感じるものです。離婚の果てには、納得のいく慰謝料を取れなかった。養育費が少なすぎる。など、一度は納得したはずの条件が後悔へと変わってしまう場合もあります。けれども、自分一人ならどうにでもなることであっても、大切な我が子がいる場合にはそうはいきません。子供を養い愛情を持って育てなくてはなりません。離婚をして、一人で子供を育てていく母子家庭という生活は、多くのリスクが伴います。一般的に多いシングルマザーの不安要素は、経済面です。生活が苦しくなり借金をし、自己破産寸前に。ということもあります。子育てをしながらの労働との両立は難しく、少しでも経済的に楽な方がよいに越したことはありません。 そこで、離婚の際の養育費問題が挙げられます。養育費とは、母親の為ではなく子供の為であり、子供の権利です。たとえ夫婦が別れても、子供の父親には変わりはありません。子供を一人の収入で育てていくのは大変です。ですから、きちんと養育費をもらいましょう。きれい事を言っている場合ではない状況がくる可能性があるのが、母子家庭なのです。

離婚の前に養育費の話し合いを。

養育費の話し合いは必ず離婚する前にしましょう。離婚後に養育費の請求というのは難しいです。そして、養育費が決まったらその内容は必ず公正証書にしましょう。養育費相場は、相手の収入にもよりますが、子供が1人なら養育費は3万円くらい、というのが多く一般的です。また、養育費が決定しても、最初の数ヶ月だけは支払ってくれていたが、結局は支払ってくれなくなってしまった。という事が非常に多いようです。公正証書を作成することは、そういったことを回避できる手段としてとても大切なものです。

※ 養育費についての詳しい内容は離婚と養育費をご参考ください

子の親族(6親等内の血族) ※子供本人自らの変更手続きはできません。

法的な事柄

離婚には法的な事柄が多くかかわってきます。調停はもちろん、協議離婚の際も、多少でも法的な知識があると心強いものです。 何も知らないということは、不安なだけでなく、損や後悔をすることにもなりかねません。 ですからこれからの生活のことを考えて、離婚についての知識を少しでも身につけ、離婚の話し合いをすすめていきましょう。 また、母子家庭には様々な福祉制度が用意されています。生活を守るためにも、ご自分でも調べてみましょう。

離婚に関してわからないことはお気軽にご相談を!


Copyright © /レアール法律事務所 All rights reserved.