離婚・親権・慰謝料・養育費のご相談はレアール法律事務所へ

事務所紹介お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー
離婚110番|レアール法律事務所|トップページ

※大変申し訳ありませんが、業務集中のため
現在、新規のご相談をお受付しておりません。

離婚の原因

離婚のどんな制度が変わったの?

離婚時の年金分割制度がスタートしました

離婚後の生活を考えると離婚に踏み切れない。という世の中の主婦の方々がこれまでにも多くいらっしゃったかと思われます。厚生年金、共済年金の算定のもととなる標準報酬月報 を、当事者の話し合いや裁判所における調停・審判によって決められた割合で分けることができる年金分割制度が始まり、すでに数年経過しました。これにより、夫が支払ってきた保険料の一部について、妻(夫)が給与を得て当該保険料を支払ったとみなされることになり、それに対して年金が支払われることになります。この手続きを取っておけば、離婚時に分割された厚生年金等は、相手方から受け取るのではなく、直接国から受け取ることができ、老後の生活の支えになります。

離婚の知識

離婚をしたときに、厚生年金、共済年金の標準報酬を当事者間で分割できる制度です。この制度を理解するためには、まず年金のしくみについて簡単に知っておく必要があります。公的年金には、国民年金、厚生年金、共済年金の3種類の制度があり、就いた職業によって加入する制度が決まりますが、国民年金は20歳になればすべての人が加入し、これに一定期間(原則25年)以上加入し保険料を納めないと基礎年金が受けられなくなります。厚生年金、共済年金に加入している人(2号被保険者)及びこれらの人に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(3号被保険者)も国民年金の加入者です。

支給される年金は、まず国民年金が基本となり、ここから基礎年金が支給されます。厚生年金と共済年金は、収入(実際の収入をその額に応じて標準報酬に変換します)と加入期間によって支給額が決まり、これが基礎年金に上乗せされて支給されます。したがって、国民年金に一定期間以上加入し基礎年金の受給資格がないと上乗せ分の厚生年金や共済年金は受け取ることができません。 では、ここから年金分割の話に移ります。 年金分割とは、厚生年金、共済年金の標準報酬を分ける、つまり、婚姻期間中に相手が得ていた収入の一部について自分が得ていたかのようにみなされ、そこから保険料を自分が支払ったとされることにより、その分の厚生年金、共済年金の上乗せ分を受給できるようになるということです。

手続きの流れ


制度の内容

年金分割には2つの制度があります。合意分割制度と3号分割制度です。 合意分割は、平成19年4月1日以後に離婚した場合が対象となり、婚姻期間中の標準報酬を多いほうから少ないほうに、割合を定めて分けるもので夫からでも妻からでも請求できます。
分ける割合については、当事者で話し合いで合意するか、合意できない場合は裁判手続きによって割合を定めることができます。 3号分割は、平成20年5月1日以後に離婚した場合が対象となり、国民年金3号被保険者からの請求により、平成20年4月1日以後の婚姻期間中において3号被保険者だった期間の相手方の標準報酬の2分の1を分けるものです。この割合は固定です。 例えば、平成10年5月に結婚し、平成23年2月に離婚したとします。結婚してから離婚するまで夫が厚生年金に加入し、自分はずっと専業主婦だった場合、平成10年5月から平成20年3月分までは夫の標準報酬について、合意分割により分割し、平成20年4月分以降は3号分割によることになります。

年金分割の請求をするにあたり、必要な情報を提供してもらえるよう年金事務所(厚生年金)や各共済保険の窓口に請求できます。  基礎年金受給資格をみたしていることが必要です。  離婚してから原則として2年以内に請求しなければなりません。

離婚に関してわからないことはお気軽にご相談を!


Copyright © /レアール法律事務所 All rights reserved.