交通事故被害者の為のレアール法律事務所 > 自動車保険の概要

自動車保険の概要


加害者が加入している保険の種類

自動車を購入した場合など、自分が被害者となった場合に必要な保障を受けるための保険だけではなく、自分が加害者となってしまった場合に金額面で保障を受けることのできる保険にも加入する必要があります。
大きく分けて2種類あり、強制加入保険の「自賠責保険」、自賠責保険ではまかなえきれない倍賞部分のみを補うための保険である「任意保険」があります。
自賠責保険では後遺障害が残らなかった場合、被害者の落ち度が極めて大きかった場合など、保障範囲が狭いので、任意保険への加入は必ず行いましょう。
また、自転車運転中に起こした事故についての保障は「自転車保険」というものが別途存在します。
事故を起こさないことはもちろんのことですが、突然の事態による事故などいつ自分が加害者となるかわかりません。自分がよく運転するものにあった任意保険へ加入しましょう。

被害者が加入している保険の種類

加害者だけでなく、突然の事故によって被害者となってしまう場合もあります。そのような事態に備えて加入しておく保険をご紹介します。
まずは、自損事故(電柱への衝突)などの際に使用する「自損事故保険」、死亡、後遺障害が残った場合などの損害補填してくれる「搭乗者損害保険」
被害者自身が加入している保険の保険金で損害を補填し、加害者側の示談をまたなくとも一定額の保険金を受け取れるなどのメリットがある「人身傷害保険」
加害車両が任意保険と契約していない時などに補填を受けることができる「無保険車障害保険」
契約車両が事故により傷がついたり、盗難にあった場合などに補填を受けることができる「車両保険」などがあります。
また、各種特約が各保険に付いている場合があり、加入者が事故にあった際に弁護士費用や訴訟にかかる費用などを保険金として受け取ることができる「弁護士費用特約」がついているかどうかは予め確認をしておくと、万が一の際に役立ちます。